映画「ジャージーボーイズ」

| コメント(0)

ジャージー・ボーイズ オリジナル・サウンドトラック
クリント・イーストウッドが監督した、同名のミュージカルを元にした映画「ジャージーボーイズ」を見てきました。1960年代のアメリカのグループ「ザ・フォー・シーズンズ」の実話を元にしたお話でございます。

映画『ジャージー・ボーイズ』オフィシャルサイト

元のミュージカルは、山下達郎氏がNYまで見に行った話を聞いて知っていましたが、イーストウッドが監督して映画化されたこと、つい最近まで知りませんでした。

お話は、ニュージャージー出身の主人公達がグループを結成し、ヒット曲を飛ばし、そして解散してしまうまで、彼らのヒット曲をちりばめながら進みます。

ライナーノートを読みますと、映画の中で歌っている歌は、吹き替えではなく、本当にカメラの前で歌っているそうですね。4人のキャストのうち3人は実際のミュージカルに出演していることもあり、歌はバッチリでノリノリです。ヒット曲が流れるたびに、鳥肌が立ちました。

4人は映画では馴染みのない俳優さんたちばかりですが、そんなことは全く気になりませんでした。ギャングのボス役でクリストファー・ウォーケンが出て来たり、イーストウッド本人はテレビの画面の中に映っていたりと、お楽しみもアリ。

同行者はミュージカルが嫌いなので、密かに心配でしたが、映画の内容を知らせずにイーストウッドの映画だからと連れて行きました。実際はミュージカル的な演出部分はエンディング程度ということもあり、評価は70点ということでまずまず。

ということで、オールディーズ・ファンは必見の映画であります。


The Very Best of Frankie Valli and the Four Seasons

カテゴリ: Pop


コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2014年10月14日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「うむむ、やはりデーブ大久保監督ですか…。」です。

次のブログ記事は「明日のAppleイベントについては特に進展はなし…と。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。