ナイアガラ秘宝展@タワレコ5店で大瀧師匠の等身大顔抜きパネルも?!

| コメント(0)

Rogo kanban私も毎日がんがん聴いております大瀧詠一師匠のベストアルバム『Best Always』。一周忌を前に、ここに来て業界も沸いております。

川崎のタワーレコードでは「ナイアガラ秘宝展」がスタート。なんと師匠の顔出しパネルまであるらしいです。そしてこの顔出しパネルは、新宿・渋谷・梅田・名古屋にもあるそうです!

大滝詠一『Best Always』発売記念 ナイアガラ秘宝展@タワーレコード川崎店 - TOWER RECORDS ONLINE

しかし…大瀧さんの顔の代わりに自分の顔ってどうよ…という素朴な疑問も湧いてきますが、そこは大瀧詠一になりきって写真に収まるのが正解でしょうかね。

タワレコ新宿店ではまた別の企画もあります。

本日発売!『大瀧詠一のジュークボックス~ワーナーミュージック編』!|大瀧詠一のジュークボックス~ワーナーミュージック編(V.A.)|ワーナーミュージック・ジャパン

《大滝詠一『Best Always』ミュージアム開催場所》 タワーレコード新宿店7F /8F / 10F ・大滝詠一さんが自宅で愛用されていたジュークボックス(7Fにて展示) ・「NIAGARA MOON」裏ジャケット写真で大滝さんが着用していた衣装(10Fにて展示) ・愛用ギター:リッケンバッカー(8Fにて展示) ・歴代の販促用ポスターやジャケット写真を使用したパネル(10Fにて展示)

やはりこれは新宿店に行かないと…。

R0016632.JPGちなみに、昨日は「調子悪くてあまりつかっていない」と言っていたPHA-1ですが、結局また引っ張り出しました。

iMacのiTunesに入れたAppleロスレスでリッピングした『Best Always』を、ホームシェアリングでMacBook Proで再生し、母艦のiMacから離れたところでMacBook Pro→PHA-1→ヘッドフォンで聴きながらこれを書いております。

やはりヘッドフォンアンプを通すと、音がボリュームアップするので全然違います。逆にAACで圧縮した音はもう聞いちゃいられない…というほと。ザラザラした音が気になっててしまうのです。もう後戻りできず…。


ということで、こちらにもハイレゾ入門記事が出ておりますので、興味のある方は是非。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2014年12月 5日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハイレゾを最も手軽に楽しめるDAC一体型ヘッドフォンのレビューを読む。」です。

次のブログ記事は「断線に耐えかね、オヤイデのイヤフォンリケーブルHPC-MXを予約。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。