第49回スーパー・ボウルの驚きはまだ続く。

| コメント(0)

日本ではスポーツニュースでもあっさりしたものですが、とにかく今年のスーパー・ボウルの最後の3分間の攻防と勝負を決めたインターセプト、近年まれに見る強烈な印象が残りました。

日本のスポーツニュースよりも詳しい振り返りはこちらで…

NFL JAPAN.COM|ペイトリオッツが10年ぶり頂点へ!シーホークスの連覇阻止

最後の最後で勝負の鍵となったプレイコール、どうしてパスをしたのかという点は、これからもスーパー・ボウル史上の語りぐさとなること間違いなし。直前にタイムアウトを取っていましたし、監督が決めたことだろうなとは思っていましたが、米国では「ワーストプレイコール」なんて言われていますよ。

NFL JAPAN.COM|CBレビス、シーホークス最後のコールに「衝撃と驚き」
Pete Carroll says why Seahawks ran what some call Super Bowl's worst play call - Business Insider

スクリメージラインに8人も人を並べて、シアトルの断固ランを阻止する体制に裏をかこうとしたようですが、何が起るか分からないというのが勝負の世界ですねぇ。

でも、その相手の失敗ばかりではなく、奇跡のインターセプトを成し遂げたルーキーのバトラーにも称賛の声が!こちらは逆にスーパー・ボウル史上最も素晴らしいプレイの1つと称賛されております。

NFL JAPAN.COM|ペイトリオッツ救ったSバトラー、「そのために自分はここにいる」
Malcolm Butler interception: How he won the Super Bowl - Business Insider
How Malcolm Butler ended up with the Patriots - Business Insider

そんなプレイを生で見られて良かった!やっぱりスゴイ試合だったなぁ。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

歯が抜けて筍堅く烏賊こはし

このブログ記事について

このページは、raizoが2015年2月 3日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第49回スーパー・ボウル 今年は最後まで気を抜けず…」です。

次のブログ記事は「Audio Hijackでサンソンをタイマー録音する:第5回〜iTunesへの自動登録は失敗に終わりました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。