Audio Hijackでサンソンをタイマー録音する:第5回〜iTunesへの自動登録は失敗に終わりました。

| コメント(2)

「Audio Hijackでサンソンをタイマー録音する」の連載も5回目となりました。前回タイマーでセットした録音ファイルですが、iTunesのライブラリへの自動登録は失敗いたしました。

仕方がありませんので、しばらくは手動で登録いたします。今後Audio Hijackの側で解決策を講じてくれることを期待します。

もう1つ。3つのファイルに同時録音した結果がこちら。(1番下はその前の週の録音です)

AH3typefiles

24bitのWAVが949.8MB
Apple Losslessが272.5MB
AACの最高音質で130.4MB

…ということで、WAVとApple Losslessを聴き比べてみましたが、大きな差は無かったような気がしたので、やはり容量を考慮してApple Losslessで録音することにします。ちなみにこれまではAACでございました。WAVですとジャケット写真なども登録できなくて味気ないということもあります。

Audio Hijackは、あらかじめジャケット写真を登録しておくこともできますよ。なのにiTunesに自動でうまく登録できないのが残念無念であります。

AHJacket

コメント(2)

http://d.hatena.ne.jp/tono-p/20150208/p1
を読むとフォルダアクションでできそう。
アップルスクリプトを書くのが敷居が高いなら
osのユーティリティに標準で入っているAutomatorでフォルダアクションを作ると簡単。
「ファイルをiTunesに読み込む」っていうアクションもありますので。
設定法は
http://www.virment.com/automator-tips/
をななめ読みすれば簡単に分かると思います。
どうでしょう?

シュウ 様

コメントありがとうございます!

ここには最終結果を書いていませんでしたが、
その後フォルダアクションで登録しています。
(皆さんにご心配をかけますので結果もご報告しておいたほうがよさそうですね)

Audio Hijackとしても、OSで対応できるから機能を省略したのかもしれませんね。
今は、自動登録とiCloudミュージックライブラリで、iPhoneへも自動で転送され、
さらに楽になりました!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

歯が抜けて筍堅く烏賊こはし

このブログ記事について

このページは、raizoが2015年2月 4日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第49回スーパー・ボウルの驚きはまだ続く。」です。

次のブログ記事は「Audio Hijackでサンソンをタイマー録音する:第6回〜radikoでの録音は簡単です。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。