「はっぴいえんどマスターピース」が、ハイレゾ音源で配信開始

| コメント(0)

ネタに詰まってまた大瀧詠一関連情報です。私も昨年末に購入した「はっぴいえんどマスターピース」。

自分へのクリスマスプレゼントは「はっぴいえんどマスターピース」 - now and then
はっぴいえんどマスターピースのハイレゾ音源を聴く。 - now and then

このアルバムがハイレゾ音源(ダウンロード権)も込みだったのですが、このたびハイレゾ音源単体で配信が開始されるそうです。

「はっぴいえんどマスターピース」から、ハイレゾ音源データが単体で配信開始 | PONYCANYON NEWS

最近はハイレゾ音源での販売、どんどん増えていますね。CDよりも価格が高くなるのがキビシイですが、音が良いのだから仕方ないですが。

こうなってくると、けっして高音質とは言えないiTunes Store。そろそろハイレゾ化も考えてもらわないと、音楽配信の分野では、ますます他社に遅れを取ってしまうのではと心配というか、もうダメだとあきらめています。

よくよく考えてみれば、私としてもiTunes Storeはアプリを買うところであって、音楽を買うところでは無くなっていいます。アップルの音楽分野の落ち込みは、いつまでもハイレゾ化されないのも原因の一つではないかなぁ。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2015年3月19日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「大瀧詠一 Writing & Talking」は21世紀の資本を超える907頁の大作!」です。

次のブログ記事は「diskunionの帆布CDバッグ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。