BEHRINGER UCA222でカセットテープの音源をMacに。

| コメント(0)

R0016688.JPGさて、カセットブックを買ったばっかりにUSB経由のオーディオ録音がしたくなったわけですが、とにかく安いUSBオーディオンターフェスという条件で物色し、BEHRINGER UCA222を買ってみました。ちなみに2,480円也。

R0016689.JPG大きさはタバコの箱を少し小振りにしたぐらいでしょうか。USBから電気が供給されるので、ACアダプタなどはありません。Windows用にドライバが附属していますが、Macは不要ですので、附属のUSBケーブルでつなぐだけです。


R0016691.JPG入力端子はRCAピンx2、出力端子はRCAピンx2、S/PDIFオプティカルx1、ヘッドフォン出力ステレオミニx1、そしてUSBがついています。

「入出力」両方に対応していますので、私のように入力したい場合ばかりでなく、出力も可能ですので、アンプにつなげばDACとして使える(Mac/PC→アンプ→スピーカー)ということでしょうか。PCやiPad(Camera Connection Kit経由)をギターアンプ化することもできるらしいです。


Sound usbaudio
USBケーブルでMacにつなぎ、システム環境設定の「サウンド」で確認してみますと、出力先(そして入力先にも)に「USB Audio CODEC」が現れますので、これを選んでおきます。

録音にはAudio Hijackを使います。設定はこんな感じにしました。

Audiohijack BEHRINGER

音量が小さかったので多少増幅し、ステレオで繋ぐとチャンネルがかなり偏って聴こえるので、あらためてモノラル化しています。

カセットデッキのスタートボタンを押してから、上記の設定で手動で録音開始。手作業は多いですが、すんなり録音できました。

実は捨てきれないカセットテープがたくさんあるので、せっかくなので厳選してデジタル化しようかとも思っています。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2015年3月22日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「五十嵐書店でちくまカセット寄席を2本。」です。

次のブログ記事は「Instagramからの1枚。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。