カール事務器 手動鉛筆削器 エンゼル5 ロイヤル。欲しかった純国産!

| コメント(0)

R0016699.JPG入学祝いへの贈り物と自分用に、カール事務機の鉛筆削りを買いました。今まではずっと小さな鉛筆削りか、ナイフで鉛筆を削っておりまして、この手の大きな鉛筆削りはかなり久しぶりです。

ドイツのダーレの鉛筆削りも、太い軸の鉛筆が削れるのでいいなと思っていたのですが、ここは純国産にしてみました。「百年の匠」とは自信たっぷりの製品ですね。

R0016723.JPG色はメタルレッドにしました。いかにも丈夫そうです。


R0016719.JPGこのモデルはクランプの所で、芯のとがり具合を2段階に調節できます。調節なしのモデルは若干安かったのですが、ちょっと迷ってこちらにしました。


R0016720.JPG鉛筆を挟む部分は、金属ではないので、鉛筆に傷がつくことはなさそうです。


R0016716.JPGこちらが削り具合です。

左はサンプルで、手削りの小さな鉛筆削りで削ったもの。実はほんとうはこれぐらい短めになるのがヨーロッパ的で好きなのです。

他の2つがこのエンゼル5で削ったもので、真ん中が芯があまりとんがらないもの。1番右がシャープなものです。

国産の電動鉛筆削りの削れ方は、これよりもさらに削れ具合が長くて実は大嫌いなので、このぐらいであれば許容範囲です。写真で言うと真ん中の、芯があまりとんがらないほうの削れ具合のほうが気に入りました。

鉛筆は職場で良く使うのですが、とにかく職場の電動鉛筆削りが我慢ならないので、持ち込みで使おうかと思っています。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2015年3月24日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Instagramからの1枚。」です。

次のブログ記事は「2015シーズンもパ・リーグTVにお世話になります!(3月は無料!)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。