禿山さん(23):アララギ第4巻第5号

| コメント(0)

アララギ第4巻第5号

河中島懐古歌幷反歌

           湯禿山

今もかもくはしさやけし犀川千曲の川 ゆき合ひの河中島 ますらをがたけき其名に 岩くやす鋭心ときて 天つ火に怒る(玄隹 玄のへんにふるとり)神と 相結ぶ恨はとけず 屍をつゝみと高く 血潮はほこもただよふ あらそひや年の七とせ あたら世をかくてはけむ いにしへを嘆きもとほり かぎろひの日は傾きぬ 秋ぎりに立ちのまがひに 旗すすきほのかに伏すを 襲ひよる旗と偲はく 皷なす岸うつ波は こもりたるいくさのどよみ 耳に目に悲しまぼろし あはれあはれ(くりかえしの「く」)其のあとどころ 八幡が原

 反歌

巌すらゆきとほるべき第常備の恨みの太刀や三太刀七太刀

☆☆☆

またしても久しぶりの禿山さんは、のっけからチンプンカンプンで、1つわからない漢字まで登場して困った。

さて、玄+隹の漢字はなんと読むのだろう。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2015年4月 1日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東京国立博物館の「金魚づくし」」です。

次のブログ記事は「日本のApp Storeでまもなく値上げ実施だそうなのでMinecraftを買っておく。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。