Apple Watch:To Do リストとしてBitList使用中。

| コメント(0)

BitList - 買い物リスト & To DoリストApple WatchにありそうでないのがToDoリスト。純正のリマインダーはアプリとしてではなく「通知」をしてくれるアイテムとして存在しているだけなので、Watch上でリマインダーに登録した項目を画面でチェックすることができません。

そこで、純正リマインダーのデータを利用できるBitList - 買い物リスト & To Doリストという無料アプリを試してみました。

スクリーンショット 2015 05 26 20 26 44

これまでiPhoneで使うToDoリスト用のアプリをいくつか試しましたが、結局純正の「リマインダー」を多用しています。

なによりMacでも入力できますし、Mac版ですと、複数のリスト間でのアイテムの入れ替えもドラッグ&ドロップで楽々。iCloud経由で瞬時にiPhoneやiPadにデータがシンクロされますし、通知の設定もできます。

ほんとうは、この「リマインダー」のリストがApple Watchでも見ることができればそれで良いのですが、それができないないんですよねぇ。

BitListiphoneということでこのBitListです。iPhone上で、純正のリマインダーのリストのなかから1つを選んで設定するだけでOK。私はいつも「今日やること」を入れている「本日。」というリストを指定しました。


BitlistgranceApple Watchではグランスに登録することもできます。こちらはグランス画面。ここではチェックはできず、確認だけです。


Bitlistwatchグランスの画面でさらに画面をタップするとアプリが起動し、チェックリストの画面になります。クリアした項目は、この画面に切り替えた上でチェックします。

もちろんチェックした結果は、「リマインダー」にも反映されますので、あとでゆっくりMacやiPhoneの見やすい画面で項目を見直すこともできます。

ToDoリストは、すぐにチェックできなくても、内容が確認さえできれば十分なので、Watchでチラッと見ることができるので、だいぶ便利に使えそうです。


コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2015年5月26日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「次はiPhone 6sなのかiPhone 7なのか…。」です。

次のブログ記事は「Apple Watch:本日のアプリは計算機Calculator+」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。