Apple Watch:ワークアウトでウォーキングしてます。

| コメント(0)

今日はカシオが新しいスマートウォッチを出すというニュースあり。

カシオが高耐久スマートウォッチを年度内発売。『時計としての完成度をきっちりと』 - Engadget Japanese

カシオさんにな、いっそのことアップルとコラボしていただいて、Apple Watch G-SHOCKエディションみたいなのが出ると嬉しいなぁ。

Activityということで、今日はApple Watchの「アクティビティ」を使ってウォーキングする様子をレポートします。

まずは、アプリのつぶつぶから「アクティビティ」を起動ですね。

Awwalkingそしてウォーキングを選択。だいたい私はウォーキングぐらいしかしません。すでに前回の記録が出てますね。もちろんサイクリングやランニングも選択できます。


75calさらにウォーキングをタップすると、開始前の目標設定が出てきます。


2km消費カロリー、距離、時間の3つから選んで目標値を設定。


30minこれもApple Watchが前回の記録とおなじぐらいの数値を入れてくれます。

3つのうちのどれかの目標値を入れて「開始」。


3・2・1とカウントダウンが始まってスタート。あとは歩くだけです。

Pace歩いている途中でチラチラWatchを見ると、歩くペースが表示されます。のろのろあるいているとカロリーが消費されません。本気で歩くときは、最低1キロ10分ぐらいのペースを保つように歩くようにしています。信号や寄り道で止まると、当然ペースも急に落ちます。


Chukanten歩いていますと、節目節目でApple Watchからお知らせがあります。目標の中間点だったり…


2kmalart1キロ・2キロとキロごとにだったり…。


残念ながら、ゴールのところと記録するところをキャプチャーしてなかったのですが、目標に達してもワークアウトが終わるわけではないので、Apple Watchでワークアウト計測を終了させ、データを保存します。

Helthcaredata保存したワークアウトの情報は、iPhoneのヘルスケアアプリ→ワークアウトでグラフ化して表示でき、さらに「全てのデータを表示」で、1回ごとの詳細を見ることができます。

というわけで、ウォーキングに使うだけでもなかなか楽しいですよ。


※アップル公式のワークアウトの紹介はこちら。

Apple Watch でワークアウト App を使う - Apple サポート

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2015年7月10日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Apple Watch:本日のアプリ「Lawson」」です。

次のブログ記事は「本日の気になる:Apple Watchで火傷の報、そしてPC売れ行き不振の中Macの販売好調!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。