B&W P5 Wireless Headphone:使用感〜メガネ者には多少キツイ。

| コメント(0)

R0016876.JPGワイヤレスのBluetoothヘッドフォンB&W P5 Wireless、ちろんさっそく使用しております。まずはワイヤレスの設定です。

小さな電源ボタンを押すと、小さく「ボボーンピロリン」とメロディが鳴ってブルーのライトが付き、BluetoothがONになったことがわかります。

まずiPhoneとペアリング。「設定」の「Bluetooth」のところに表示されたP5 Wirelessを選択すれば終了です。

P5PearingP5 Wirelessは最初に設定した1台目がメインのデバイスとなりますが、さらに別の機器もサブとして登録できますので、iPadやMacなどにもペアリングできます。

頭に着けてみた感じですが、価格.comのレビューにもあったのですが、メガネをしていると、ヘッドフォンで耳の上からメガネのツルが圧迫されまして、当たり所が悪いと頭が痛くなります。メガネ者のつらい所です。しかしその分しっかりホールドはされていますので、メガネをかけていない人でしたら問題ないのではないでしょうか。

音はと言いますと、思っていたより中低音がよく効いた音で、ロック系のパンチのある曲はいい感じに聞えます。ただ現段階では少し曇った感じの音で、クリアとまではいかないなぁ。ワイヤレスですからね、限界はあると思います。しかし、元の音源がせいぜいが圧縮された音(私はAppleロスレスが大半)ですので、ここであまり音を追求しようとしても限度はありますね。

密閉型のヘッドフォンですが、音モレがどの程度なのか自分ではわからないので、電車の中ではボリュームは控えめにしています。爆音でなければ大丈夫ではないかとは思っています。

試しに附属のケーブルを着けて有線で聴いてみた所、これがなかなか好感触。音ががぜんクリアになりました。これでケーブルをちょっと良い材質のものにリケーブルできたりすれば、有線のヘッドフォンとしてもかなり良いものになるのではないかと思います。

ヘッドフォン本体でボリュームの上げ下げやポーズなどもできるので便利でした。また、完全な密閉型ではないので、ある程度周りの音も聞えます。

しかしなによりワイヤレスなのがやはりストレスがなくて良いです!家の中でもヘッドフォンを付けたままあちこち行けます。ゴロゴロもできます。うるさい掃除機をかけながらでも全然平気です。

多少重たいですし、バッグに入れるにもかさばりますので、手荷物を少なくしたい時には向きませんが、最近はボリュームのあるヘッドフォンを使っている人が増えているということもあり、電車通勤でも躊躇なく使えました。

頭が痛くならないポイントを探りつつ、使ってみたいと思います。

※P5S2用のリケーブルはありますね…。Wirelessには使えるのかなぁ。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2015年8月10日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「次期iPhoneのiPhone 6S?は9月9日発表か?」です。

次のブログ記事は「Instaweather Proのクールなタグが入らなくなって直らない。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。