Apple Watch:久しぶりのWatchネタ。Watch OS 2.0で変わったこと。

| コメント(0)

MusicvolumeそういえApple Watch。Watch OSが2.0になり、文字盤のバラエティの他に変わったこともありました。

まずは音楽再生。以前よりリューズを回して音量を変えることができたのですが、Watch OS 2.0からは、画面上の音量のボタンがが無くなり、音量操作はリューズを回すのみとなりました。画面の小さなボタンを押すのは大変だったので、スッキリしました。

他には、アクティビティの精度が高くなったのではないかと思います。もしくは基準が緩くなったのか。これまでは、今日はかなり動いたよなぁ…と思っても、エクササイズとしてはほとんどカウントされず、Watchのエクササイズは厳しいなと思っていました。2.0になってからは、きちんと動きをカウントしてくれるようになったのか、エクササイズの項目もクリアできる日が増えていますし、立っているのに「スタンド」の指示が出ることも無くなりましたし。

文字盤のバラエティさも楽しみの1つではあります。最近はiPhoneで撮影して気に入ったものを特定のアルバムにピックアップしてWatchに表示させています。文字盤としてはモジュールが組み込めないので、時間だけしか確認できないのですが、時間をチェックするたびにお気に入りの写真が代わる代わる出てくるので、仕事中でもちょっとホッとさせられます。

そして最近気に入っているWatchアプリはこちら。
QUEST : やること管理 & 簡単メモ
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル


Watch上では戦士が表示されているだけではありますが、ToDoアプリになっていて、ビットマップの戦士が、ToDo1つ1つの怪物を倒していくというもの。

Questlevel5といってもただチェックしていくだけですが。ToDoをクリアする(怪物を倒す→iPhoneアプリで表示されます)とコインがもらえて、アイテムやレベルが上がっていきます。最終的にどうなるかはまだ不明なので、近ごろはとにかくToDoを入れてクリアすることそのものを楽しんでおります。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2015年10月 6日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「斎藤隆選手ありがとう!」です。

次のブログ記事は「いよいよ21.5inchのiMacもRetinaなるか?!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。