禿山さん(29):アララギ第4巻第10号 その1

| コメント(0)

アララギ第4巻第10号 「信濃号」

 合 歡

                 湯本 政治

水の音おほに和める河岸の有明月夜ねむいまださめず

子らが築く沙子の堤築けは且つ崩えつゝ元なうつそみの波

大寺の杜のすゝめらうま椅子と楽し語りの其さやきかも

秋の野にさぎりの迷ふ大凡のこのかへり言いかにせよとや

あだしふみわが書かめやもさかりをる心を人の知らざらなくに

さ庭邊の紅葉つがましかね言のわがまつ君はいつかきまざん

盆栽のいさゝ木蔭のうるほひも秋のかそけくわが心ひく

日のまひる其一時をよすがにてなくなるせみのうらさぶしかり

其中に聲をほこりのむしもあらし其歌こふる汝がともゝあらめ

桐のみの鈴かそけくもはら〱(繰り返し)と秋老いにつゝ友のふみもこず

☆☆☆

今回も日本語の区切りがわからず意味不明の歌多し。

Mac OSの日本語入力で、旧かなづかいを入力するのは難しい。ひらがなのまま勝手に変換して欲しくない場合が多いからである。

旧字体もなかなか変換できず、結局「かわせみ2」の手書き入力(これは画面一杯に大きく描けるので便利)で漢字変換した。

ただ、絵文字と記号のパレットの「日本語かな」は、「ゝ」「〱」「ゔ」」「け゚」「ゟ」などを入力する時に便利であった。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2015年10月18日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コーヒー豆の指だし手袋:模様編みに突入。」です。

次のブログ記事は「日本アンリファーブル会「虫屋さんの百人一種」はエピソードが楽しい!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。