Appleもいよいよ重い腰を上げてハイレゾ採用か?!

| コメント(0)

本日の私の期待の記事はこちら。アップルがいよいよハイレゾ音源を配信するのではないかという噂です。

Apple、最大96kHz/24bitのHi-Res Audioストリーミングを開発中? | Rumor | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

SONYを始めとしてオーディオメーカーは、デジタルミュージックにおいてはこぞってハイレゾ化をすすめています。関連の機器も売れ行き好調で、オーディオ界は久しぶりにささやかに沸いているようです。

それなのに、iTunes Storeの音源は相変わらずAACの256kbpsですから、お世辞にもハイレゾとは言えません。iPod事業もすっかり低迷し、もうこの事業からはフェードアウトするつもりなのかと思っていましたが、ハイレゾ化となればもう一踏ん張りしてくれそうです。

Apple Musicがハイレゾ音質で配信をしてくれるなら万々歳。特にクラシックやジャズなどのジャンルでは、ハイレゾの威力が発揮できるでしょう。ハイレゾ音源を購入するには、CDなどよりも高い価格で音源を買う必要があります。CDよりも音質が良いとのがその理由でしょうが、それでもよっぽど思い入れのあるアルバムでないと購入する気になれません。

そこでApple Musicです。今の状況でも、個人的には満足度が高く、1か月に1度CDを1枚買うぐらいのペースだと思えば、十分元が取れると思います。それがさらにお値段据え置きでハイレゾ化してくれればヒジョーに嬉しい。

Apple Musicで音楽を聴くようになって、Appleが薦めてくるプレイリストを聴くことが多くなりました。私にこれを薦めてくるか?というものもあり、新しい発見もありで、音楽の世界の幅が広がってきました。ほんと、ハイレゾ化、待ってます!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

五月雨やけふも上野を見てくらす

このブログ記事について

このページは、raizoが2015年12月20日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPhone 6Sの純正シリコンケースのアップルマークはプリントだったのか。」です。

次のブログ記事は「2015年の「買って良かったもの」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。