禿山さん(33):アララギ第5巻第2号(2)

| コメント(0)

送檡弘道師歸国

わくらはに人と相見てたゞどゞろともしむ心わかれかねつも

天雲のむかふす國の遠はろにさかりをりともその心はや

同僚成瀬君の母刀自夫君に事へて至情、永年嘗(?漢字不明)て一日も解らず、夫君晩年會ま大に患む、刀自看護到らざるなく、身を以て代らむことを神に祈る、既にして夫君の病癒ゆ、刀自一夜窃(ひそ)かに天龍の河に投じて逝く、而して遂に其屍を發見せず、嗚呼痛しきかな、即ち挽歌

かしこけど弟橘のまごころのかなしきを今にまのあたり魅し

こひのみし眞心とほり天地の神守らしけむせの君のいのち

君が名は天龍の河のとこしへに絶ゆることなく人を泣かせん

永久に流れてやまぬ河水のつきせぬなげきにうらぶれてあらむ

☆☆☆

読めない漢字多し。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2015年12月23日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2015年の「買って良かったもの」」です。

次のブログ記事は「実はビートルズってまじめに聞いたことがないのだけれど、聞き放題します。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。