Pelikan 特別生産品「スーベレン M800 グランプラス」:欲しいなぁ。

| コメント(0)

スーベレン M800 グランプラス今日はチェックしているフルハルターさんのブログで、Pelikanの特別生産品の万年筆が取り上げられていました。これがなんともステキ…。

特別生産品「スーベレン M800 グランプラス」 : フルハルター*心温まるモノ


すでにM800は持っていますから、これも!という訳にはいきませんが、いいですねぇ。誰かプレゼントしてくれないかなぁ。太めのペン先でいいですよ。

M800を入手してから、かれこれ8年でございます。
Pelikan スーベレーンM800 でひたすら書いています - now and then

万年筆は、ほぼ日手帳に日記をつけるとき、職場でほぼ日Weeksに記入するときなど、日々使っております。自宅で使うときは高級路線(3本持っているPelikanの万年筆のどれか)で、職場ではリーズナブルなものをマイ文具で持ち込んで使っています。筆記具のスキスキ度はやはり「万年筆>鉛筆>ボールペン」ですねぇ。新しい万年筆を買うことは最近はありませんが、時々インクを変えて楽しんでおります。

このようなブログを書いているくせになんですが、キーボードやiPhoneのフリックで入力するのもいい加減うんざりすることもあり、万年筆でスルスルっと書くとスッキリします。もう少し字がうまかったらお見せできるし尚可なのですが、これはもう自分のために書いてますからいいのです。

ちなみにほぼ日Weeks記入に使っているのは、最近はkakuno多し。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

蜜柑剥いて皮を投げ込む冬田かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年1月23日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「高槻 成紀「シカ問題を考える バランスを崩した自然の行方」」です。

次のブログ記事は「iPhone 6 mini? デモ機リーク動画。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。