本日の伊東屋:鉛筆三昧。

| コメント(0)

伊東屋さんにて今日は久しぶりに銀座の伊東屋へ。また新しくなった伊東屋には行ったことのないという友人と一緒です。

本館の変わりように、今回もほとんど眺めるだけしたが、9階のカフェで一服した後は、裏の別館で万年筆を見たり、インクを買ったり、鉛筆を買ったりと、いつもの伊東屋さんを満喫することができました。伊東屋さんはこうでなくっちゃ。(今回はダーマトグラフを中心に。ダーマトは1本100円なのでついついたくさん買ってしまいました…)

伊東屋さんにてこちらはファーバーカステルのヨーロッパ仕様のインクカートリッジ。モスグリーンとヘーゼルナッツブラウンという、カートリッジではなかなか無さそうな色なので、使うのが楽しみです。


ステキなお店でした!その後、昨年の5月にオープンしたカランダッシュ銀座ブティック(カランダッシュ ジャパン Caran d'Ache)の前をたまたま通りかかり、素敵なディスプレイに吸い寄せられて中へ。特に2階の色鉛筆などなどのフロアでは、実際に書いて試せるので、色鉛筆の種類の違いが実感できて良いですね。たくさんの色にワクワクしました。

伊東屋さんにて色鉛筆セットは今回はあきらめて、鉛筆を2本。1本はスイスの木材を使った重厚な鉛筆と、もう1本は消しゴム付き。カランダッシュの黄色い鉛筆は何度か買ったことがあったけれど、消しゴム付きは初めてかもと思いまして。

ショップでは色鉛筆のカタログもいただきました。よし、いつかオイルの色鉛筆買うぞ〜!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

蜜柑剥いて皮を投げ込む冬田かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年2月23日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「七人の侍」と「生きる」が最高画質4K化、劇場公開が決まったそうです!」です。

次のブログ記事は「NHK木曜時代劇「ちかえもん」のキーポイントは音楽ではないか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。