嵐「復活LOVE」:やっぱり山下達郎&竹内まりやですし。

| コメント(0)

復活LOVE昨日2月24日発売の嵐の新曲「復活LOVE」。竹内まりや作詞、山下達郎作曲・編曲ということで、初めて嵐のCDを買いましたよ。しかも初回限定盤のDVD付きにしました。

初めてサンソンの番組中で聞いた時は、今ひとつピンと来なかったところもありましたが、聞いているうちにこなれてきて、今ではすっかり気に入って何度も聞いております。

DVDに入っている嵐のメンバーによるスペシャルトーク、「おかえり」と「エンジェル」の話が面白かったな。とりあえず5人に全部歌わせて、いいところをつなげたり、ミックスしたりしていくという手法で出来上がっているようです。なるほどね。

日頃嵐のアルバムを真面目に聞いたことがないため、他の曲と比べることができないけれど、2曲めの「affection」という曲と比べると、音のキラメキが全く違うような気はします。歌もアレンジも。もちろん冒頭の達郎さんのギターの音や、バックコーラスの声もあり、ちゃんと達郎風ではあるのですが、それでいてジャニーズ風なダンスがぴったり合うような曲調でもあります。

しかしメンバーに言わせると、良い意味で少し古い感じに聞こえるらしいですよ。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

蜜柑剥いて皮を投げ込む冬田かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年2月25日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「NHK木曜時代劇「ちかえもん」のキーポイントは音楽ではないか?」です。

次のブログ記事は「かけあしで根津。笹屋と本屋。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。