本日の気になる一品:ソニーのレコードプレーヤーはDSD 5.6MHzで録音できる!

| コメント(0)

本日の新製品アナウンスで気になる一品はこちらでした。

ソニーのアナログレコードプレーヤー「PS-HX500」です。ハイレゾ対応で、アナログレコードの音をハイレゾ(デジタル)音源に変換することができるのだそうです。


ソニー、レコードをDSD 5.6MHzで録音できるアナログプレーヤー。約6万円 - AV Watch
レコードをDSDで残す――ハイレゾ録音に対応したアナログターンテーブル、ソニー「PS-HX500」の提案 - ITmedia LifeStyle

せっかくアナログなのに、それをハイレゾで録音しなおすっていうのもどうなのかなと思いましたが、AV Watchの聴き比べの部分の記事を読むと、デジタル化したほうが少し音がスッキリしているとありますね。ふうむ。

レコード針はSONYの交換部品扱いで、カードリッジ交換はできないところが残念です。カートリッジを変えて楽しみたいという人もいますので、次の機種はそういったところまで配慮して欲しいところです。

とにかくポータブルでも良いからアナログプレーヤー欲しいなと思っているところでしたので、大いに気になったのでした。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

燕の何聞くふりぞ電信機

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年3月16日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今年のチューリップとオールステンレスの園芸用丸型スコップ。」です。

次のブログ記事は「春の選抜高校野球:3月21日は大瀧詠一氏の母校、釜石高校が登場!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。