Apple Watch:なんとバンドで腕がかぶれてしまってショック。

| コメント(0)

先日のAppleのイベントの後、Apple Watchは値下げとなり、バンドのカラーバリエーションも増えて、ウーブンナイロンという新しいバンドも登場しました。

Apple Watch新バンド購入レポート。まるでスニーカー収集のような楽しみ : ギズモード・ジャパン

一方、私はApple Watchのバンドをスポーツバンドに取り替えたばかりだった訳で、さっそく気に入って使っていたのですが、なんと使用1週間後に腕がかぶれてしまいました…。

この時はまだ全然平気だったのです…

(PRODUCT)RED 3兄弟。シリコンベルトも思いのほか良し。 - now and then

かぶれた。夜、いつもはめている左腕からApple Watchを外したところ、Watch本体の裏が腕に当たっている部分が、当たっていた形のまま赤くなっていました。あれれ…と思って触ってみると、赤くなっている一部がヒリヒリ痛い。しかも小さく水疱までできています。えっ、これはかぶれてしまった?!


スポーツバンド、少し意識してきつめにはめていたため、擦れてかぶれてしまったようです。その日は慌てて軟膏を塗り、大きめの絆創膏を当てました。これまで夏場の汗だくミラネーゼループでも全然平気だったのに大変ショック!

これ以上擦れないよう、左腕には時計はしない方が良いとは思ったのですが、すでにApple Watchとは離れがたくなっており、仕方なくその後2日間は右腕にApple Watchを装着。

でも右腕にはめるますと、やはり動かすことが多いので、かなり邪魔になる感じがします。赤くなっていたところはまもなく赤みは消え、水疱になっていたところだけがポツンと赤く残った程度になったので、その後は絆創膏をして、バンドは締め付けのないミラネーゼループに戻してはめています。

赤いスポーツバンドは気に入っていたので、赤みが完全に消えたら、緩めにはめてみようと思います。Appleのこちらの注意書きも後から読みました。

Apple Watch のお手入れと装着方法 - Apple サポート

という訳で、肌の弱い方(もともと私も、強い湿布などにかぶれるのです)は、スポーツバンド要注意です。長時間締め付けないようにしましょう。緩めにはめるとどうなるのかは、かぶれが全快してから再びスポーツバンドに戻して恐る恐る検証したいと思います。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

燕の何聞くふりぞ電信機

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年3月25日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「待ちに待った、大瀧詠一「DEBUT AGAIN」これは大瀧さんの計画通りのアルバムでは?」です。

次のブログ記事は「石巻市長、大川小校舎全部、旧門脇小一部保存を発表す。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。