禿山さん(38):アララギ第5巻第8号

| コメント(0)

アララギ第5巻第8号

 短歌雜詠
  ⚪︎            湯 禿山

大寺の森をし繁み雨の日も己が世歌ふ百とりのやから

朝風に五百重立つわか葉山道の行手に幸たたへたり

この胸のすがし思日をカタらむに月はいらへず人遠くあり

久方の天ゆく雲の遠からば遠しと思ひもだもあらむを

山若葉風の間に〱(繰り返し)五百葉波千重波式て緑たゞよふ

☆☆☆

春らしい歌。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

燕の何聞くふりぞ電信機

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年4月25日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「久しぶりに買ったオロナインH軟膏11gが金属チューブじゃなくなっていて驚いた。」です。

次のブログ記事は「アゲハの産卵!カラタチの枝は存続なるか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。