噂の水平開ノート「ナカプリバイン」!

| コメント(0)

ナカプリバイン普段あまり行かない下北沢の三省堂へ、ものすごーく久しぶりに立ち寄ったところ、レジ前にこのノートが置いてありました。

Twitterによる拡散で話題になった、おじいちゃんの水平開きのノートです。このノート、「ナカプリバイン」と言うのですね。


印刷一筋78年印刷親父・方眼ノートの中村印刷所

ナカプリバインA4とB5の方眼ノートがあったのでB5を1冊買ってみました。ネットで見るとA5もあるようですね。横罫だけだったら買わなかったと思います。


ナカプリバイン表紙はちょっと腰が無いのが残念ですが、確かに開くと左右フラットになるから不思議。真ん中が折れた1枚の紙のような感覚です。

このノートには今までに無い技術がいろいろ使われているみたいですね。製法もエコなんだそうですよ。


コメントする

アーカイブ

子規の一句

歯が抜けて筍堅く烏賊こはし

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年6月12日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「正岡子規の随筆4作。」です。

次のブログ記事は「AppleのWWDC 2016の基調講演は本日未明午前2時からスタート。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。