USキーボードでの英数かなの切り替えの切り札!「⌘英かな」

| コメント(0)

macOS Sierraにアップデートして、唯一未対応で困っていたキーボードカスタマイズ用のKarabinerですが、ここに来て救世主的アプリが登場しました。

その名もスバリ「⌘英かな」。USキーボードの両側のコマンドキーを、JISキーボードの「英数」キーと「かな」キーにカスタマイズするだけの単機能なアプリケーションでございます。

ダウンロードしたアプリケーションを開きますと、最初だけ自動的に「セキュリティーとプライバシー」のシステム環境設定が表示され、「下のアプリケーションにコンピュータの制御を許可」の項目として、「⌘英かな」の項目が現れますから、まずこれをONにします。

あとは、これもまた自動的にログイン項目に追加され、インストールされていることがメニューバーに表示されますのでこれで設定終了。晴れて再びUSキーボードでの英数かな切り替えができるようになりました!

Karabinerにも長いことお世話になりましたが、多機能すぎて勿体無いぐらいでした。私はもうこの「⌘英かな」で十分であります。作者の方に大感謝です!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年9月28日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「石巻学」vol.2の特集は「港町シネマパラダイス」」です。

次のブログ記事は「やっとポケコイン20個貯まる。でも50個しか増えないのかぁ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。