紀伊国屋書店でうっかりうっかり

| コメント(0)
今日は、新宿に行った折、紀伊国屋書店にでも寄ってみるか…とつい立ち寄ってしまいました。

映画本のコーナーでは、こちらのマイナーな本が平積みに!敬愛するいしいひさいち先生の漫画も読める、岡山映画(?)本です。この本については、いしいひさいち公式ウェブサイトからの情報で知っていたのですが、ここで出会うとは…と思わず購入。第1巻もあって、一緒に買うか悩んだのですが、とりあえずこれが面白かったら買うことにしました。(いや、確実に面白そうではあるのです)

フィデルの本。さて、理系のコーナーではあまり食指が動かなかったため、人文のフロアへ。そこにはフィデル・カストロコーナーができており、Amazonであっという間に上巻が売り切れになってしまった、岩波書店の「フフィデル・カストロ みずから語る革命家人生」の上下巻が平積みに!(ちなみに他のネット通販サイトでは売ってます)

一足早い自分へのクリスマスプレゼントだと言い聞かせて、上下巻とも確保しました。Amazonでも上巻が売り切れで、紀伊国屋さんでも上巻の方が売れていました。やはり前半のまさに「革命」の時期の話を読みたい方が多いのでしょう。後半は実質的に革命後の近年の話ですからね。ふむ。

帰り道は、(そんな予定ではなかったのに)荷物がずっしり重たくなってしまいました。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年12月 5日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「等々力渓谷:もっと事前勉強して行けば良かったなと反省中。」です。

次のブログ記事は「amazonでMacのMicrosoft Officeのオンラインコード版が実質2割引+3000円引きセール中。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。