引越し大作戦(8):そういえば受注会について。

| コメント(0)

引越しカウントダウンあと3日です。

そういえば、マンションを購入すると「受注会」なるものがあります。マンション販売会社指定の幹事業者が、内装・インテリアなどの受注を斡旋するイベントです。

うちは地元ではないので、知り合いの業者さんも少ないということで、受注会に参加した時のお話を。

近くのホールを借りての受注会。指定された時間に訪問すると、担当者がついて、各オプションの説明です。内装工事(作り付けの家具・壁など)、照明器具、エアコン、カーテン、表札、レンジフードやフィルター、畳、ピクチャーレール、ラグマットや絨毯…など、各業者がブースを作って待ち構えていました。

とりあえず見積もりをお願いしたのは、作り付けの家具(キッチンのキャビネット・書棚・棚など)、照明器具、エアコン、カーテン、表札、レンジフード、ピクチャーレール、ラグマット。その場で金額を出してくれます。

カーテンももう少し小洒落たものをとは思いましたが、採寸はしてはいたのですが、オーダーして合わないと嫌なので家人チョイスで決定。この辺りは私がインテリアに思い入れが無いのが如実に現れます。カーテンはまたいつか変えることもあるかなと。ラグも同様。

表札、レンジフード、ピクチャーレールの取り付けもお願いしました。

逆に頼まなかったのは照明とエアコンです。エアコンは特に工事費が高かったのでアウト。照明は「オーデリック」の関連会社が来ていたのですが、こちら側が少し勘違いしていた部分もあり、いささか高い見積もりになってしまったので、こちらもお断りしました。

この2つ、結局どうしたかというと、エアコンは引越しをお願いするアート引越センターにお願いしました。価格も家電量販店と比べてもものすごく安く、しかも取り付け料込み。引越し当日に取り付けてくれるのも楽です。他の家電もアートに見積もりをお願いしましたが、激安とは言わないけれど、まあそこそこでしたので、冷蔵庫・洗濯機・テレビ・オーブンレンジも一式お願いしました。

照明については、石巻の一箱古本市で昨年お世話になった地元の電気屋さん「パナックけいてい」さんにお願いすることにしました。引越しの前日に取り付け工事をしてもらう予定です。

今気になっているのは、作り付けで頼んだ本棚です。どんな出来になったかなぁ。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2017年3月 4日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「引越し大作戦(7):あと4日。シンプル生活実践中。」です。

次のブログ記事は「引越し大作戦(9):大処分大会終了。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。