引越し大作戦(13):無印のスタッキングシェルフの代償…

| コメント(0)

無印良品 スタッキングシェルフ。今日は、注文していた家具などが次々と届いたこともあり、組み立て家具の日になりました。

本日のメインは、無印良品のスタッキングシェルフ でした。配送の方が2人がかりで運んで来た、重たいセットでした。だいたいこの手の作業は私が担当なので、まずは1人で作業開始です。意外にもこのシェルフ。縦の板に鉄の棒を差し、棚板はその棒を芯にして通してくっ付いていたのでした。ですので、組み立て自体は比較的簡単な作業でした、

しかし…です。鉄の棒は、先にネジが切ってあって、それを立て板にネジネジしていくのですが、立て板のネジの穴が一部雑に作られていて、なかなか棒が立てられず、ドライバーの先でネジの入る穴を削ったりして、やっと全部はめることができました。こんな重たいもの、返品もしたくないので、なんとかなってホッとしました。

無印良品 スタッキングシェルフ。しかし、作業中集中力が切れて来て、棚板をはめる時に中指の先を板と板の間に思いっきり挟んでしまい、中指の先が血豆になってしまいました。痛い…。しかも結構中指って使うんですね。もちろんキーボードも痛くて右中指では打てませんよ。でも血豆ができたのもかなり久しぶりかもしれないなぁ。


無印良品 スタッキングシェルフ。さすがに途中で家人にも手伝ってもらい、痛い中指の先をかばいつつなんとか完成。えらく重たいので立てるのに苦労しましたが、やっぱり見栄えはいいですね。ただ、木の表面はちょっとザラザラしていています。とりあえず、その辺に散らかっていたものを棚にのせました。あとで突っ張り棒型の倒壊防止策は取るつもりです。

今日は他にもイケアからも重たい家具が届いたりしたのですが、それはまた明日以降に組み立てることにしました。とうぶん落ち着きそうにないですな。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2017年3月10日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「引越し大作戦(12):搬入完了。やはり本の量がすごかった…。」です。

次のブログ記事は「3月11日を石巻で迎えました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。