そういえば引越しの時にプリンタも買い換えたのでした。

| コメント(0)

Cacon PIXUS TS8030そう言えば…引越しの時にプリンタも一緒に買い替えました。引越しの1ヶ月ほど前に、前のプリンタの内蔵無線LANの機能が故障し、やむなく有線LANで使用していました。もともと型落ちを買ったので、あまり長持ちしませんでした。

CanonにするかEPSONにするかカタログを見比べながら悩んだ末、やはりテキストの印刷が多いので今回もCanonにしました。

キヤノン:インクジェットプリンター PIXUS TS8030 | 概要

この上の機種、そしてエプソンの同じクラスの機種には有線LANもついていて、今回のように無線LANが故障してもなんとかネットワークでプリントできたので、実はその部分で悩んだのですが、逆にそれだけだったので有線LANは諦めました。

Cacon PIXUS TS8030そしてCanonは非常にコンパクトになった上に、背面給紙が復活、しかも1枚ではなく複数枚給紙できるようになったのが決め手でした。やはりハガキ印刷などでは背面給紙で複数枚給紙できるのは助かります。ハガキですと20枚ぐらいは入れることができました。

マイナス点は、コンパクトになったのは良いのですが、A4の用紙をトレイに入れるとトレイが前に出っ張ること。まあこれはそれほど気になりません。


Cacon PIXUS TS8030そして、印刷時には前のパネルが斜めに飛び出し、用紙を受けるトレイが前にせり出すのですが、これらは自動では元に引っ込みません。用紙受けのトレイは、手動で電源を落とす場合にはトレイを引っ込めるという選択肢を選ぶことができます。ある一定時間が経過すると自動で電源がオフになりますが、この用紙受けのトレイは引っ込まずに出たままで電源が切れます。紙受けトレイが出たままですと、やはり埃がたまります。

また、電源が落ちていてもパソコンから印刷をかけると自動で電源が入るという機能は、今まで通りではあるのですが、当初どうもこれがうまくいかず、手動で電源を入れ直して対応したりしていました。最近ドライバの設定をやり直したりしているうちに、うまくいくようになったような気がします。

引越しのお知らせハガキの印刷など、早速活躍してもらいました。


CanonもEPSONも、ただいま春のキャッシュバックキャンペーン実施中。Canonの場合は、5月8日までに対象のプリンタと一緒にインクを買うと3,000円が郵便為替でキャッシュバックされますよ。

キヤノン:GOING2020! Canon SPRINGキャンペーン|TS9030/TS8030/TS6030 キャンペーン概要

コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2017年4月21日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Macintosh用OS「System 7.0.1」のエミュレーター、懐かしいが操作しにくかった。」です。

次のブログ記事は「ツバメも住宅難。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。