やっと国内発表、マクロに強いオリンパスのデジカメ「Tough TG-5」はプロキャプチャーモード搭載。

| コメント(0)

なかなか国内発表されませんでしたが、やっとオリンパスのタフカメラ「Tough TG-5」。プロキャプチャーモードも搭載されて、虫撮りカメラとしてますますパワーアップしてきましたよ。

Tough TG-5 | 防水デジタルカメラ T(Tough) シリーズ | オリンパス
オリンパス、防水・耐衝撃の最新モデル「Tough TG-5」を国内発売 - デジカメ Watch

5になって何が変わったのかは、海野さんのレビューでよくわかります。

昆虫写真家 海野和男氏が実感したTG-5の進化 | T (Tough) Series | オリンパス

プロキャプチャーモードが使えるようになったのがすごいですね。シャッターを押す前(正確には半押しの時から)にさかのぼって写真を記録してくれるという不思議な機能。動きの早いもの(昆虫ですねっ!)を撮影するときに大変重宝するようですよ。(OM-D E-M1 Mark IIにも搭載されているのですが、個人的にはまだあまり真価を発揮しておりません。TG-5の方が手軽そうだなぁ)

そしてハイスピードムービーや4Kムービー、いらないやと思っていたけれどサンプル動画を見るとグラグラします。確かにマクロ動画ってなかなか撮影できないですよ。

アクセサリーのロックができるようになったというところも好印象。これまでのTGシリーズ、レンズに取り付けるフラッシュディフューザーなどが、すぐにポロリと取れてしまうので少し困っていました。

今回は防水アクセサリーもますます充実してきましたし、地味にニッチなニーズをがっちり掴んできましたね。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2017年6月 9日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「女川でスターウォーズ ローグワンのカーゴウォーカー「AT-ACT」」です。

次のブログ記事は「石巻:馬っこ山も30年ぶり?ハンミョウにも会えた!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。