久しぶりにSDカードを買いました。 高速? 64GB 東芝製。

| コメント(0)

64GBのSDカード。新しいデジカメでカメラで深度合成なぞしておりますと、SDカードへの記録スピードが気になってきました。合成して記録するまでの時間が結構かかるのです。これまで使っていたのは3年前に購入した「SDXCカード 64GB クラス10 UHS-I対応 Class10」のもの。当時上海問屋さんで2,999円でした。

いつもちょこちょこっとしか撮りませんし、動画もたまにしか撮りませんので、容量的には64GB据え置きで、「UHSスピードクラス3」というカードにしてみました。OM-D E-M1 Mark IIにはカードスロットが2つあるので、64GBを2枚入れておけば高い128GBのカードでなくても容量的には心配ないかなと。

今回も上海問屋さんで選んだのですが、上海問屋オリジナルのカードと東芝製のカードの価格差が1円だったので、東芝製にしてみました。送料無料で3,100円です。

届いたカードのパッケージは全部英語表記。逆輸入のものでしょうか。何かと話題の東芝メモリさんのブランドを信用しましょう。(よくよく販売ページを読みますと「当商品は、特定の海外国/地域向け製品のため日本国内でのメーカーサポートは受けられません。」とありますねぇ…)

64GBのSDカード。しかし、カードの裏にはちゃんと「MADE IN JAPAN」とありますから、大丈夫…かな。カメラに入れて試し撮りしましたが、問題なく使用することができました。相性もありますし、カードがハズレの場合もありますから、使ってみるまで気が抜けません。

で、実際使ってみますと、カメラ内で合成した場合のスピードは体感的に早くなったような気がします。深度合成をしますとかなり待たされるなという印象だったのですがマシになりました。良かった。



コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2017年6月12日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「石巻:馬っこ山も30年ぶり?ハンミョウにも会えた!」です。

次のブログ記事は「12年かかってついに完結!奥本大三郎訳「完訳ファーブル昆虫記」全20巻。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。