アップルがiPod nanoとiPod shuffle販売終了。残るはiPod touchだけとなりました。

| コメント(0)

いずれこうなるとは思っていましたが、米国時間の27日より、アップルがiPod nanoとiPod shuffleの販売を終了しました。日本のオンラインストアからも商品が無くなっています。

アップル、「iPod nano / iPod shuffle」の販売を終了 - GGSOKU - ガジェット速報

こちらではこれまでのiPodを振り返っていますね。

役目を終えつつあるiPod | TechCrunch Japan

iPodが出る前のMP3プレーヤーは、今では考えられないほど使いにくかった。iPodが最初に発売された時(ブログを始める前の2002年頃か?)は様子見だったのですが、第2世代になった時に初めて購入。使いやすくて涙が出ました。あれで音楽を聴く機会がすごく増えましたね。

こちらは2台目に買い替えた時。銀座のアップルストアができた頃だったんだなぁ。人にiBook買わせてるし。

iPod 40Gを銀座で - now and then

まだiPod touchがあるので、iPodが無くなった訳ではありませんが、iPod touchもiOS搭載ですから、iPhoneの通信機能無し版ということですので、実質音楽専用機は終了したということでしょう。iPod nano/shuffleはハイレゾにも対応していないので、最近の他社のプレーヤーからしてもだいぶ見劣りしていましたし。

私もiPhoneで済んでしまうのでiPodを使わなくなってからかなりになりますが、iPhone登場までは大変お世話になりました。ありがとうiPod!

ちなみにiPod ClassicはHDDモデルなので、音質重視の方には中古でも未だ根強い人気のようですよ。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2017年7月29日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ウスバキトンボ。」です。

次のブログ記事は「アブラゼミ初鳴き(石巻市)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。