禿山さん(41):アララギ第6巻第2号 特別號

| コメント(0)

アララギ第6巻第2号 特別號

 旅の歌(其二)
             湯本禿山

     ○

山神のふみのまにまにこりなれる足跡とを見む島のここたく瀬戸内海

     ○

物かげのかそけき草もなべて皆寶こもりにけり秋としいへば

はるばると旅にしをればうつし身の爪の伸流を知らずありけり

     ○

淡き日のいさゝよき日の末つひにはかなく果てむうつそみの世か

あはく〱(くり返し)うすれゆく日の末つひにはかなく果てむうつそみの世か

冬の日もしまらく雨にゆるみしがかへりて物の足らずこそ思へ

うす氷おちて踏むなるかにかくに事なかれとぞたゞにこひのむ

    ⭐︎⭐︎⭐︎

この號も、わかりやすいようでわからない。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2017年8月 6日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「早いですねぇ。もうほぼ日手帳 2018の発売が近づいて来ました。」です。

次のブログ記事は「ひし美ゆり子「アンヌ今昔物語 ウルトラセブンよ永遠に…」宇宙人女子対談が必読!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。