シロテンハナムグリ。

| コメント(0)

シロテンハナムグリ
マンションの夜の照明に魅きつけられて、最近よくひっくり返って落ちているのがシロテンハナムグリ。そんなに珍しいものでもないのだけれど、たまには違う甲虫がいるといいのに…と思う今日この頃です。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2017年8月27日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夏葉社さんの新刊「埴原一亟 古本小説集」古本屋さんと貸金屋との攻防にハラハラ。」です。

次のブログ記事は「岩波文庫創刊90年記念「図書」私の三冊」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。