iPad Pro:ESRのiPad Pro 10.5用バックカバーをつけてみた。

| コメント(0)

ESRのiPad Pro用バックカバーとりあえずガラスフィルムだけ貼って使い始めたiPad Pro。やはり背面の傷、特にかなり出っ張っているカメラ部分が気になります。

そこで結局バックカバーを付けることにしました。いつかSmart Keyboardを付けるつもりでいますので、amazonでSmart Keyboardに干渉しないクリアタイプを選びました。

届いたパッケージには中国語が書いてありますね。ESRというメーカーのモノです。



ESRのiPad Pro用バックカバー裏をみると、米国でデザインしたとわざわざ書かれていますが、産地は中国ですね。


ESRのiPad Pro用バックカバー
クリアカバーではありますが、背面はスモークがかかっていてサラっとした手触り。指紋は着きにくいのではないかと思います。カバーそのものは軽い。

ESRのiPad Pro用バックカバー
はめてみて浮いた感じは全くありません。黒い部分はシリコンのようです。そして
iPadの穴やボタンの開口部の位置はしっかり合っていて、押し心地も悪くありません。

ESRのiPad Pro用バックカバー
ただ、ボタンの部分は、ボタンがケースでカバーされているような形名のですが、消耗してくると取れてしまうかもしれません。でもおそらく取れてもボタンのまわりがカットされているので、ボタンは押せると思います。

液晶面は、カバーの縁のほうが高さが低くなっていますが、ガラスフィルムを貼っていれば気になりません。

背面は、カメラの出っ張りと同じくらいの高さになります。amazonのレビューでは、レンズに面一とありますが、気持ち微妙なところで浮き上がっているので、水平な所に置くとガチガチ当たるということではないようです。

これでやっと手に取った時の安心感がアップしました!そしていずれはSmart Keyboardを付けて使ってみたいと思っています。Pencilはさらにその先…かな。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

澁柿は馬鹿の薬になるまいか

このブログ記事について

このページは、raizoが2018年1月24日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MacBook Airの10年。」です。

次のブログ記事は「HomePod、やっと英語圏で2月9日発売。私はこれはオーディオ機器と考えます。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。