実は初めて実物をみて感激したゼニゴケの繁殖器官の森。

| コメント(0)

ゼニゴケ
石巻も若葉の季節。実家の庭の雑草も、道端の草花も日々グングン育ってきました。この季節、足元に生える植物を見ながら、そしてムシがいないかキョロキョロしながら歩いています。

今日はゼニゴケが繁殖器官を伸ばして小さなヤシの森のようになっているところを発見。図鑑などではみたことあったのですが、実物を見たのは実は初めてでした。感激。


ゼニゴケそのものはあまり好ましいとは思ってはいなかったのですが、この状態はなんだかとてもカワイイ。モリモリと繁殖しそうな小さな森ですね。ふふふ。(これもiPhone Xで撮影!)

あぁ、地衣類ハンドブックも欲しくなる…

コメントする

アーカイブ

子規の一句

五月雨やけふも上野を見てくらす

このブログ記事について

このページは、raizoが2018年5月 1日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「ホンダスーパーカブ―世界戦略車の誕生と展開」でにわかカブファンになりました。」です。

次のブログ記事は「アップルの2018年第2四半期決算は、増収増益で日本でもiPhone X売れている模様。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。