1Password 7 for Mac、サブスクリプションに悩む。

| コメント(0)

Macのパスワード管理アプリの定番1Password 7 for Macがリリースされました。iOS版やWindows版もあり、私はMacとiPhone/iPadで同期させて使っています。私はVer.2から使っていて、かれこれ10年来のユーザー。もうこれなしではパスワードを管理できません。

昨年より、月々料金を払うサブスクリプションのサービスが始まっていたのですが、今回のバージョンから本格導入となり、基本はサブスクリプション、でもスタンドアロン用のライセンスも提供する…という事になりました。これが悩みの原因です。

Mac版「1Password 7」登場、モダンに刷新、App Store版は定期契約のみに | マイナビニュース

Mac App Storeでは、無料でダウンロードできますが、無料の1ヶ月を過ぎるとサブスクリプションの料金を追加で払う必要があります。1ヶ月400円で、年間ですと3,800円。公式サイトでもドル建ててサブスクリプションの料金を支払うことができますが、US$3.99/月・年払いですとUS$2.99/月となり、それほど価格差はありません。

一方、スタンドアロン版は、公式サイトからダウンロードの上で、そのダウンロードした1Password 7から支払をすることになりますが、本来US$64.99ですが、今はリリースセール期間中でUS$49.99と若干安くなっています。

この先ずっと料金を払い続けられるのだろうか…という不安もあって、サブスクリプションには抵抗があるのですが、とはいえこの1Passwordは重要な任務を日々行ってもらっているアプリ。丸1日悩んでサブスクリプションの料金を年払いで払うことにしました。まだこれからですけどね。

1Passwordは細かいバージョンアップが多く、しばしばバージョンアップ作業で時間を取られたりしていたのですが、App Storeであれば、バージョンアップの手間も少し減って楽になるかもしれないという目論見も。

どうも1Password membershipとアプリ内課金のサプスクリプションの関係がよくわからないなぁ。もう少し考えてみます。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

芭蕉忌に参らずひとり柿を食ふ

このブログ記事について

このページは、raizoが2018年5月25日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「WWDC 2018のキーノートは日本時間の6月5日午前2時。」です。

次のブログ記事は「1Password 7、ダウンロード版からMac App Store版へ乗り換える。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。