大阪の地震、お見舞い申し上げます。

| コメント(0)

今朝方の大阪地方の地震、人的被害は少なかったものの、亡くなられた方もいらっしゃいますし、今後の余震も心配されます。被害にあわれた皆様のお見舞い申し上げます。


ブロック塀が倒れて小学生のお子さんが亡くなられたのには少し驚きました。宮城県沖地震のとき、たくさんのブロック塀が倒れ(私も当時近所で倒れたブロック塀を見ました)、その後に建築基準法が改正になるきっかけとなりました。

それでも、小学校という特に注意せねばならない施設でこのようなことになったのは残念です。もともとの土台が高かったとはいえ、確かにいまどきこんな高い「ブロック塀」はなかなかなみかけません。

(とくに当地では)災害の教訓…と叫ばれることが多いけれど、教訓だけ残っても、その意味・意義をきちんと理解して実践しないと意味がありません。また同じことが繰り返されないよう、今度こそきちんと「教訓」にしてもらいたいと思いました。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

五月雨やけふも上野を見てくらす

このブログ記事について

このページは、raizoが2018年6月18日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リンドグレーン「リンドグレーンの戦争日記 1939-1945」」です。

次のブログ記事は「iPhone Xの壁紙、STAR TREK TNG LCARSにやっと落ち着く。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。