MacとiPhone間のユニバーサルクリップボードは便利だなぁ。

| コメント(0)

最近はInstagramに長文の文章を入れたい場合があり、それをちまちまとiPhoneで入力するのがおっくうでした。InstagramはMacやPCからでは裏技を使わないと投稿できないのです。

そういえばMacとiPhoneの間でコピペできたんだっけと思い出し、Macで下書きしてコピー。そのままiPhone側でペーストすると、あら不思議!Macでコピーした内容がiPhoneにペーストされました。その逆ももちろんできます。

macOS Sierra: デバイス間でコピー&ペーストする


アップルのサポートページにもありますが、条件としてWi-Fi、Bluetooth、および Handoff がMacとiPhoneの両方でONになっていて、なおかつ同じApple IDでiCloudにログインしている必要があります。

あとはメルカリの出品の時ですかね。メルカリはMacでもブラウザから出品はできるのですが、iPhoneから出品したほうが、iPhoneで写真を撮影してそのままアップすれば良いので楽なのですが、これもまた商品説明を書くのが面倒。

これまではMacの「メモ」で原稿を書いておいて、出品の時にiPhoneの「メモ」からコピペしていたのですが、これもMacから直接iPhoneにコピペすればOK。あちこちから引用したりするので、やはりMacで説明文を書いたほうが断然楽ですね。

ちなみに、iOSは10以上、Mac OSはSierra以上でないとできませんです。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

持ち来るアイスクリムや簟

このブログ記事について

このページは、raizoが2018年7月17日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヒグラシ初鳴き(記録用)」です。

次のブログ記事は「アブラゼミ初鳴き(石巻市)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。