今年のSuper Bowlはグラディス・ナイトの国歌斉唱に尽きました。

| コメント(0)

今年のNFL Super Bowlも終わってしまいました。毎年これが終わるとなぜ気が抜けます。レギュラーシーズンをほとんど見ていなくてもなぜか観戦に力が入るという不思議な試合です。

今年のハーフタイムショーはマルーン5で、あまり期待していなかったこともあり、結果やはりあまり面白くなかったのですが、オープニングの国歌斉唱をした地元アトランタ出身のグラディス・ナイトの歌いっぷりが素晴らしかったのでもうそれに尽きました。御年74歳。アレサ・フランクリンも亡くなり、女性歌手のレジェンドですね。


さて、肝心の試合は残念ながら応援していたロサンゼルス・ラムズは負けてしまいました。今回はどちらもディフェンスが頑張っていたので記録的ロースコア。第4クウォーターが始まるまで3ー3という点数だけ見るとかなり地味な試合でしたが、観戦していると諸々の攻防がありますから、タッチダウンこそ両チームで1つしかなかったけれど、いつもと違う面白さはありました。

それにしてもラムズの攻撃がダメダメでしたね。若いチームの弱さが最後に出たといったところです。ディフェンスが頑張っていただけにそこは残念でありました。来シーズン頑張れ!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

買ふて来た冬帽の気に入らぬ也

このブログ記事について

このページは、raizoが2019年2月 4日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いよいよ明日はSuper Bowl。ロサンゼルス・ラムズを応援します!」です。

次のブログ記事は「月刊「みすず」2019年1・2月号 読書アンケート特集。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。