UVカットフィルムをガラスに貼ってみることにしました。

| コメント(0)

北側の部屋の窓と東側の壁今のマンションに引っ越ししてからちょうど2年経ちました。

北側の1室は、ほぼ本やCD(そして物置…)を並べているのですが、北向きではあるものの、夏場は朝晩に若干日があたります。そのせいで、特に東側のCDの棚に入っているCDや本の背がかなり焼けてしまいました。西側の本の棚も本によっては焼けています。

これ以上焼けると背が見えなくなりそうなので、思いきってDYIでUVカットフィルムを貼ってみることにしました。


フィルムを注文したのは、ガラスフィルム通販センターさんの、「【遮熱フィルム】窓ガラスフィルム uv 飛散防止 RS50M(ロール巾1520mm) オーダーカット 遮光シート 窓 ガラスフィルム 断熱 UVカット 飛散防止フィルム」。オーダーカットでお願いしました。

フィルムを貼っておくと、ガラスが割れたときの飛散防止にもなるそうです。冷房の効きが良くなって省エネ効果もあるそうですが、あいにくこの部屋には冷暖房はないので、これはあまり関係はないかもしれません。

うまく貼れるのか心配ではありますが、そもそも透明ガラスではないので、多少の失敗は気にならないかなと思っております。はい。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

買ふて来た冬帽の気に入らぬ也

このブログ記事について

このページは、raizoが2019年4月 2日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Apple Watchのモバイル通信は解約しました。」です。

次のブログ記事は「UVカットフィルム、DYIでガラスに貼り付けるの巻。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。