西荻窪のFALLで得地直美さんの「かじやのフライパン展」と夏葉社さんの本を。

| コメント(0)

IMG 0490
このたびの上京では、荻窪方面に住むの友人宅に泊めてもらったのですが、待ち合わせまでの時間で西荻窪の「FALL」さんへ。

「かじやのフライパン」発売記念展を見てきました。ちょうど上京日に重なっていてラッキーでした!


FALLは「すべての雑貨」(夏葉社刊)の著者、三品輝起さんのお店です。西荻窪は古本屋さんくらいしか行ったことが無かったので、初めてです。

夏葉社さんの新刊「東京の編集者」と「すべての雑貨」 - now and then

そして得地直美さんは、同じく夏葉社刊の「神保町」の作者でもあります。

第57回神田古本まつり・神保町ブックフェスティバル・そして夏葉社さんの新刊、町画集「神保町」。 - now and then

お二人とも夏葉社に縁のある方ということで、店内では夏葉社さんの出版物の棚もできており、出版されたばかりの「漱石全集を買った日」と夏葉社の島田さんが新しくたちあげたレーベル、岬書店から出版の島田潤一郎「90年代の若者たち」も買うことができました。もちろん得地さん「かじやのフライパン」(黄色・青・茶色の3色あって、黄色が一番売れているようでしたが、かなり迷って結局茶色を。)と、同じく得地さん画の「御所東考現学」も。

レジでは90年年代くじを引かせてもらいまして、BECK!のCDが当たりました。島田さんからのプレゼントなのですね!ありがとうございます。

いやほんと、偶然にも日程が合ってほんとうに良かったぁ〜

「かじやのフライパン」も素敵なお話で、私は無性に鉄のフライパンが欲しくなりました。(FALLさんでも、小振りな鉄のフライパンを並べて売ったら売れたのでは???)

というわけでほかの本の感想はまた後日。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

買ふて来た冬帽の気に入らぬ也

このブログ記事について

このページは、raizoが2019年4月30日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「くものす洞的 不忍一箱古本市の1日。」です。

次のブログ記事は「命和でApple 2019年度第2四半期決算発表。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。