松屋銀座「誕生80周年 トムとジェリー展」(ハンナ=バーベラ尊敬してます。)

| コメント(0)


Tom  Jerryこれもまた実は長年来の大ファンであり、高校生頃までテレビの再放送でも何度も何度も観ましたし、その後もレーザーディスク(古い!)やDVDを買って、特に古い年代の作品を楽しんでおりました。TomもJerryもどちらも大好き。でも最近の新しい作品はもう全然縁がありません。キャラクター好きの私でもこのところのTom & Jerryのグッズはそれほど買ったりもせず、単純に作品のファンとして行ってまいりました。

とにかく米国アニメーション界におけるハンナ=バーベラのコンビは、ディズニーと並ぶ偉人だとずっと思っていましたから、この展示の期間に上京できたのもこれまた私にとってラッキーでした。

デパートのGW企画の催事ですので、どうしても子ども向け的なところもあるけれど、今までみたこともないTom & Jerryのスケッチや原画など見ることができて感激しました。

Tom  Jerry撮影可能なエリアが何ヶ所か設けられており、そのうちの1つがいろんな形になっちゃうのトムさん。そうそうこんなのもあった…とついニンマリさせられました。


ハンナ=バーベラは、他にも60〜70年代に多くの人気TVアニメを生み出しており、それらの作品も紹介されていました。若い男子のグループが「スーパースリー」をみて「これは知らねー」と言ってましたが、私などその場で「ラリホー・ラリホー・ラリルレロン、ラリホー・ラリホー・ラリルレロン♫ 〜中略〜 スーパースリーは諜報部員♫ 世界のためならエンヤトットドッコイショ」と歌い出しそうでした。懐かしいです。

図録は河出書房新社刊。普通のムック的なものだったのがちょいと残念でした。資料的価値のある美術館の図録的なものを期待したのですが、ワーナーの催事ですから仕方ないですね。でも基調なスケッチなどを眺めて振り返ることができるので、開場でゲットしてきました。そしてグッズも結局つい…。散財しました。

松屋銀座での会期は5月6日まで。大坂は7月18日〜8月19日とのこと。東京は会期あと3日ですよ!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

買ふて来た冬帽の気に入らぬ也

このブログ記事について

このページは、raizoが2019年5月 3日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「命和でApple 2019年度第2四半期決算発表。」です。

次のブログ記事は「2019年の不忍の全箱画像公開!隅から隅まで眺めてます。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。