2019年の不忍の全箱画像公開!隅から隅まで眺めてます。

| コメント(0)

先日の第21回 2019年不忍一箱古本市。当日出店した店主さんの箱の全画像が公開されました。行ったときも行かないときも、毎年この箱画像を拝見するのを楽しみにしています。今年は各開場の様子の画像もあり、より楽しくなりましたねぇ。

2019年春:店主箱一覧 | 不忍ブックストリート


まわれなかったところや、すでに売れてしまっていた本など、あれは欲しかったなぁ…ちょっと悔しくなったりするのですが、本のラインナップは自分が出店するときの参考にもなりますし、箱や本の並べかたなど見ていて飽きません。これからどこかの一箱古本市に出してみようかなと思っている方も是非ご覧になってみてください。

そして…今回出店がお隣だった(実はあえてお隣を選ばせていただいたのですが)「とみきち屋」さんの不忍一箱古本市レポートを読みましたら…あ、私が。もっと鶴見さんのお話すれば良かったなぁ…と、いまさら悔やんでおります。そのときもとみきち屋さんがおっしゃっていたのですが、鶴見さんの本は古本でしか買えないものがほんとに多いのです。

〈本と音楽〉 風太郎の気ままな水先案内

ということで、こうやってまた振り返ってもまた楽しい1日でございました。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

買ふて来た冬帽の気に入らぬ也

このブログ記事について

このページは、raizoが2019年5月 4日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「松屋銀座「誕生80周年 トムとジェリー展」(ハンナ=バーベラ尊敬してます。)」です。

次のブログ記事は「夏葉社:山本善行・清水裕也「漱石全集を買った日」紙上古本ブックトーク!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。