鶴見俊輔「文書心得帖」紋切り型の言葉をつきくずす

| コメント(0)
このところなんだかんだと文章を書くことが多くなった、なおかつ鶴見俊輔マイブームなので読んでみました。


この本は、鶴見さんが美容院の一室を教室に、生徒に文章をどう書くかを教えるという企画を記録したものです。鶴見さんに文章を教わることができるなんて…とにかく非常に羨ましい!

まずは鶴見さんの考える文章の理想の紹介から始まります。誠実さ、明晰さ、わかりやすさ…の3つ。そして自分が文章を書くということは、自分の思いつきのもとになる…とも。確かにいろいろ考えるだけでは頭がぐるぐるしていても、文章を書いていると頭の中がまとまってきます。

そして、つぎは書評の書きかた。良い例、悪い例を引きながら、生徒さんの書いた書評に講評して行きます。

その次は「自分の見たこと、聞いたこと」について書くというもの。最後は文章の「目論見書」を作ります。目論見書とは、文章のタイトルと目次を作り、どんな文章にするのかが考えてもらうというものです。

講評やお話のそこかしこに、鶴見さんがよいと思う文章が紹介され、読んでいる私たちにも大変勉強になる内容です。

さらにこの講座で何度も出てくるキーワードが「紋切り型」。

鶴見さんはまずこの本の冒頭で、文章を書く上で大切なことは、余計なことは言わないことと、紋切り型の言葉をつきくずすことになる…と最初におっしゃっています。紋切り型と殴り合いをし、格闘せよ…とまで。

さてでも紋切り型ってなんだろう。私も言葉としてはわかっているようでわかっていませんでした。ここで私がその説明をするのも難しいのですが、この本を読んでいると、ああこういうことか…というのがなんとなくわかってきました。

良さそうな文章を書こうとして、どっかで聞いたようなフレーズを使ってしまいがちですが、それがまさに紋切り型。ありますねぇ、そういうこと。代表的なのは役所の文書。紋切り型だけでてきているようなものです。

格好つけずに「自分の言葉」でわかりやすく書けということなのかなぁ。これは実践して身に付けていくしかないですね。このブログも駄文でお恥ずかしいですが。

この本、折りに触れて開き、鶴見さんにまた教わろうと思います。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

買ふて来た冬帽の気に入らぬ也

このブログ記事について

このページは、raizoが2019年7月 2日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「○○ペイ戦争はさらに乱立戦へ。」です。

次のブログ記事は「大友克洋の「OTOMO THE COMPLETE WORKS」が楽しみ!!!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。