Apple Pencil(第1世代)!!! そしてmacOS Catalinaの新機能Sidecar

| コメント(0)

IMG 2033先日iPhone X売却の後、そのままヨドバシに直行して買ったのが、(今更感はありますが)Apple Pencilでした。私は1世代前のiPad Proですので第一世代のPencilです。じゃんぱらに中古も置いてあって迷いましたが、ヨドバシのポイントも多少あったのでヨドバシで。

元々欲しかったのですが、このタイミングで購入したのは、やはりmacOS Catalinaで、iPadをサブディスプレイとして使用できるようになると言う「Sidecar」の機能です。iPadの使い勝手が広がるかなぁ…と。


で、まずはApple Pencilをペアリング。これはキャップを外して、Pencilのお尻をiPadに差し込むだけで終了。

早速純正の「メモ」にメモってみましたが、字が下手なのがさらに下手さが増してしまい、iPadで手書き文字を書く気持ちには慣れませんでした。まあこれは想定内ですからいいんです。イラストも描いてみたいところですが、これも公開できるようなモノでもなく。

一通りPencilを試した後は、Sidecarを試してみました。詳しくは私が書くよりもアップルの公式で。

Sidecar で iPad を Mac の 2 台目のディスプレイとして使う - Apple サポート

Sidecar使用中システム環境設定のSidecarからiPadを選ぶか、AirPlayでiPadを選べばすぐに接続できます。接続されると、iPadにMacの壁紙が表示されるのが新鮮です。表示も、単純にディスプレイの拡張、ミラーリングなどが選べます。

Sidecerでミラーリング中
iMacは画面が広いので、ディスプレイの拡張と言う意味では使わないと思いますが、Pencilで書き込みたい時には使えそうです。編集したい画像のウィンドウを外側に持っていくとiPadに表示されるので、そこにPencilで書き込みます。

画像関係でなくとも、iCloudなどを使わずにiPadで編集ができるようになるので、例えばMacで作ったPagesの文章を、少し離れたところでiPadの画面に引っ越して続きをiPadで入力…みたいなこともできます。


MacBookなど画面が狭い場合は、illustratorやPhotoshopのパレットだけiPadに置くなどもできますし、これから対応のアプリが増えれば面白い使い方ができそうです。

こうなると、iPadで何かイラストを描きたくなるのですが、如何せん絵心が…

コメントする

アーカイブ

子規の一句

風呂を出て西瓜を切れと命じけり

このブログ記事について

このページは、raizoが2019年10月12日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「macOS Catalina:アルバムアートワークの貼り直し5%ほど」です。

次のブログ記事は「台風19号によるまちの浸水で思う。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。