くものす洞、しおがま「子どもの本の一箱古本市2019」に今年も出店。

| コメント(0)

本塩釜駅本日は、昨年に引き続き、塩竈市の塩竈市杉村惇美術館で行われた、しおがま「子どもの本の一箱古本市2019」に出店してきました。

今夏の石巻一箱古本市では、絵本が1冊も売れず、不良在庫が溜まってしまったのでリベンジです。


くものす洞 しおがま絵本村の一箱古本市で開店しました 一押しの昆虫本 真っ先に売れてうれしい  塩竈市杉村惇美術館  くものす洞昨年ご一緒した方などにご挨拶しつつ、今回はご家族3人で、お母さんと息子さんがウォーリーの扮装をしていたウーロンBooksさんのお隣で開店です。

午前中は、早めに参戦していい本を買いたい…といった雰囲気のお母さんたちがたくさんいらして、私のイチオシの昆虫本などが早々に売れていきました。今回もムシ好きキッズにアピールできました。

午後は、のんびりペース。会場内で販売していたパンを買い食いしたり、ワークショップを眺めたりして過ごしました。午前中とは違って、お客様は大人の皆さんが多かったかな。

今回は15冊4,600円の売り上げでした。在庫解消とまではいきませんでしたが、昨年以上にマニアックだったので、どうかなと思ったけれどまずますでございました。

スタッフの皆様、おいでいただいた皆様、ありがとうございました。今年も楽しく過ごすことができました!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

風呂を出て西瓜を切れと命じけり

このブログ記事について

このページは、raizoが2019年10月20日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いまごろ気づくiPhoneのHEICファイル。」です。

次のブログ記事は「iTunesが「ミュージック」になったので、ちょっと変更が必要だった話。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。