小尾俊人「小尾俊人日誌 1965-1985」

| コメント(0)
訳の分からないままなんとか日記ともつかないメモのようなものを読み進み、最後の解説対談を読んでもう一度最初から読み返してみたくなる不思議な本だった。

ブクログの「ブログで紹介」の機能を使ってみました。丸山眞男も藤田省三もろくろく知らないにによくも読んだものです。そしてよくこんな本を出版したなと、ある意味驚きでした。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

余所の田へ螽のうつる日和哉

このブログ記事について

このページは、raizoが2019年12月13日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「移転で話題の宮城県美術館で藪内正幸原画展、そして松本竣介の図録を。」です。

次のブログ記事は「Apple川崎のオープン日。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。