毎年恒例ベスト10記事目当てて本の雑誌1月特大号。

| コメント(0)
毎年この号だけ買っている、本の雑誌1月特大号。特集はもちろん「本の雑誌が選ぶ2019年度ベスト10」でございます。市内の本屋さんでは立ち読み…もとい、販売されていない(どこか入れてよ!)ないため、今年は送料無料の楽天ブックスで購入。

ベスト10企画は、万が一自分が読んでいた本が入っていると嬉しい、しかし文学読みではないので、そのようなことはほとんどないのです。そして、いつも自分の読書本選びの参考にしています。


案の定、今年読んだ本はあまり出てこなかったけれど、読みたい本という点では、ミステリーではあちこちで評判の横山秀夫「ノースライト」、あとは久しぶりに高村薫&合田刑事ということで「我らが少女A」あたりかなぁ。

年に1冊くらいは海外ミステリーも読みたいのだけれど、読みたいなと思う本がなく。それ以前に積読を減らしたほうがいいか。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

余所の田へ螽のうつる日和哉

このブログ記事について

このページは、raizoが2019年12月16日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Apple川崎のオープン日。」です。

次のブログ記事は「2020東京オリンピックの聖火リレーコース発表さる。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。