宮城県美術館「アイヌの美しき手仕事」:本の展示も良し。

| コメント(0)

宮城県美術館
昨年末に宮城県美術館に行った際、次の展示は絶対行かなきゃと思っていたのがこれです。

アイヌの美しき手仕事 - 宮城県公式ウェブサイト

宮城県内はまだコロナウィルス感染者発生情報が出ていませんので、不要不朽の用事で出歩きにくくなる前に...と思って行ってきました。


柳宗悦と芹沢圭介のコレクションからの展示が中心でしたが、アイヌの衣装が素晴らしかった。織と文様と刺繍がなんとも言えず良かった。

古いアイヌ関連の雑誌やアイヌ関連書籍の展示もあり、「えぞ・まめほん」なる豆本には感動しました。欲しい…。あ、これはアイヌ工芸品ではないのですが。

小ぢんまりでしたが、北海道にできる国立アイヌ民族博物館のPRコーナーもありました。いつか行ってみたいです。

石巻市にも「毛利コレクション」なる個人コレクションがあり、縄文遺跡からマッチ箱まで様々なものを集めていたコレクターの毛利さんという方がいて、アイヌのコレクションもあったのだとか。現在石巻市の新しい文化施設が絶賛工事中なのですが、コレクションの公開、ますます楽しみです。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

余所の田へ螽のうつる日和哉

このブログ記事について

このページは、raizoが2020年2月28日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カーク・ウォレス・ジョンソン「大英自然史博物館 珍鳥標本盗難事件」:マニアの世界に驚愕。」です。

次のブログ記事は「石巻も自粛の波。花粉もひどい。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。