Ishinomakiのブログ記事 15 / 18
    
    



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18

 


さて、先日いとこの結婚式でくみこさんが上京し、一緒にお昼を食べようということになりまして、私はiPadを持参。実物を見てもらいました。




先日、実家のくみこさん(母)から、電子辞書が欲しいと相談がありました。海外から訪れるボランティアの方と交流する機会があり、会話にならなくても、和英辞書を使って単語の意味だけでも伝われば、もっとコミュニケーションがとれたのに…という思いからだとか。紙の和英辞書でも良いのだけれど、最近は電子辞書なんだってね、適当に選んで買ってきてくれないかという話でした。




3月11日。

| コメント(0)

今日はもちろん東日本大震災から1年の日。もう数日前から震災関連番組やら新聞の震災特集など、世の中は震災一色になりましたが、それもまた今日までということになるのでしょうか。いや、そうでないことを祈りたいと思います。まだまだこれからです。特にフクシマは、本当に大変なコトです。放射能をなんとかしてくれ!です。除染してもそれは放射能が移動するだけ…という現実には、本当に人間の操る科学の無力さ(いや脅威でしょうか?)も思い知らされます。なんとか解決策が見えてきますように…。





ちゃきん本日石巻から東京に帰ってきました。帰りは小牛田まわりの石巻線経由で仙台まで行きましたが、待ち時間があったので駅前の「ロマン海遊21」をのぞいてみました。石巻の物産館です。

ここで他の和菓子と一緒に並んでいたのが「ちゃきん」です。これはお寿司ではなくて和菓子。もちろん私はこのお菓子は食べたことはあるのですが、あれ、これ「石巻名産」って書いてある…。ここで初めて「ちゃきん」が石巻のローカルお菓子だったことを知りました。最近こういうこと多いです。





私が帰省する際には欠かせないJR仙石線。東日本大震災で津波で線路が流出。現在も高城町縲恂軏{間が普通のままで、その区間は代行バス。矢本縲恊ホ巻間は、これまで電車でしたが、ディーゼルカーが走っています。仙石線を使って仙台から石巻に行こうとすると、松島海岸で代行バスに乗り換え、矢本でディーゼルカーに乗り替えるという面倒なことになりますので、石巻に直行する場合は、バス利用が主流になっています。

その仙石線、このところ鉄道本を立て続けに読んだこともあり、いつまでほおっておくのかと思っていましたら、今日はこんなニュースが飛び込んで来ました。

河北新報 東北のニュース/JR仙石線の内陸移設着手へ 東名・野蒜の2駅、3年半で完了





2012年初日の出
あけましておめでとうございます。今年も無事お正月を迎える事ができました。今年は小学校の時以来の初日の出を実家の石巻で見ました。





ふれあい商店街。本日より石巻に帰省。駅に着いて、そのまま「ふれあい商店街」に寄ってみました。古い世代には懐かしい、旧エンドーチェーンの跡地です。

通りから時々この仮設商店街の入口で立ち止まり、写真だけ撮って立ち去る人を何人か見かけました。中にも寄ってってよ縲怩ニ思いつつ...





今日は石巻へ帰省しております。先日壊れてしまった実家のADSLモデム。実家に帰ったところ、OCN(実際はイーアクセス)から届いたADSLのモデム(連絡の翌日には到着)の箱が待ち構えておりまして、さっそく交換作業となりました。





昨日、石巻のくみこさん(母)のケータイのメールから、パソコンが調子悪いという連絡がありました。電話で話をきいてみたところ、インターネットが開けなくなったとのこと。

以前もこのようなことは何度かありまして、インターネットができなくなったら、黒い機械(ADSLのモデム)と白い機械(AirMac Express)の電源を一度切って、黒→白→パソコンの順番でスイッチを入れるようにとメモも置いてきてあるのですが、それはすでに何度もやったけどダメだったようです。





今日は帰りに牛乳があるかなとコンビニによりましたがありませんでした。あいかわらず東京のコンビニも品薄です。そして、パンの棚に並ぶヤマザキパンを見ると、配給のパンを連想してしまいました。

私が行った頃は、町内会を通じて自宅避難者へも配給があり、町内会の役員が、地区の公民館に物資を受け取りに行き、それを1件ずつ配っていました。1日でヤマザキの菓子パン2縲怩R個+おにぎり1個というところでしょうか。


 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18




アーカイブ

このアーカイブ中の記事