Macintoshのブログ記事 22 / 77
    
    




 


ADSL+Apple TVの組み合わせ、回線の遅さが気になり始めたので、AirMacの設定を変えてみました。HDの映画を1本ダウンロードするのに6時間かかるのです。

当初からWDSなる技術を使った設定で、母艦のTimeCapsuleとAirMac Expressをつないでいました。これまでずっとそうしていたのは、単純に前からそうしていたからで、設定を変えてLANがつながらなくなると面倒だから。しかし背に腹は代えられません。

iPhoneも4になって、わが家の無線機器が全て802.11nに対応したので、802.11nに統一することにしました。





R0014884Apple TVを購入を決意する前に秋葉館に注文していた、MONOPRICEのMiniDisplayPort→HDMI変換ケーブルが届きました。





R0014828実はiPhone 4を買った日は、Microsoft Office for Mac 2011の発売日。実はこちらも買っております。Outlookは必要ないので、Home & Studentのバージョンのファミリーパックにしました。もう少し馴染んできてからレビューをと思っております。しかし、ハッキリ言えるのは起動がスゴク早くなったということです。今までが遅すぎたとも言えますが。

ですので今回のご紹介は、購入プレゼントのロディアケース。ロディアのメモと同じ鮮やかなオレンジ色です。





さっそくMacBook Airを手に入れた方々からは、SSDが速いという声が多数聞かれます。ベンチマークテストもあちこちで出てきました。

新 MacBook Air のSSD仕様、ベンチマーク





遅ればせながら、私も渋谷のAppleStoreへ行き、新しいMacBook Airの実物を触ってきました。外から見えるウィンドウに近い位置に、兄弟(13インチと12インチ)合わせて10台ぐらい並んでいたでしょうか。もちろんどのAirにも常に人が張り付いております。





20日のアップルイベントの後、新しいMacBook Airが欲しいのは山々ですが、さしあたっては新しいiLife…ということで、Apple StoreでiLife '11のファミリーパックをポチリ。さっそく翌日の本日日中に届きました。今、まずは母艦のiMacにインストール中です。





おはようございます。あまりにも事前予想通りの新しいMacBook Airと次期MacOS X Lionが登場しました。Air使いの私としてはなんと言っても気になるのはMacBook Airでございます。

アップル - MacBook Air - Macのノートブックを次の次元へ。





さ、なんだかんだ言っても、あと4時間。アップルのBack to the Macのイベントは今夜午前2時縲怎Xタート。テキスト中継や日本語による生中継は、いつものこのあたりから…

速報:アップル Back to the Mac イベント
このページで、アップル「Back to the Mac」イベントのリアルタイム更新やります! : ギズモード・ジャパン
macwebcaster.com ≫ Blog Archive ≫ “Back to the Mac” Keynote in Japanese





ついついMacBook Airの噂に目を奪われますが、Mac OS X 10.7 Lionの予想記事も出てきました。(「ライオン」という呼び名、日本語のニュアンスだと少し迫力に欠けるというか、拍子抜けな音の響きに感じるのは私だけでしょうか)

List of New Features Coming In Mac OS X 10.7 Lion [Predictions] | Cult of Mac





米国時間で20日に行われるアップルのスペシャルイベント「Back to the Mac」。その日が近づくにつれ、MacBook Airの噂がどんどん具体化していきます。現在のところ、11.6インチと13.3だとか。

AppleInsider | More details surface on Apple's next-generation MacBook Airs
New MacBook Air: Bigger Battery, Sharper Case [Independent Confirmation] | Cult of Mac
More MacBook Air rumors, fast boot, lower prices | 9 to 5 Mac More MacBook Air rumors, fast boot, lower prices | Apple Intelligence(追記)


 




アーカイブ

このアーカイブ中の記事